ウラジオストックを訪ねる

第一次世界大戦中に起こったロシア共産革命に対する干渉作戦として、日本軍が1918年から1922年まで出兵したウラジオストックに、当時の歴史を訪ねたいと3泊4日の旅に出かけました。
ウラジオストックは極東の軍港として長く閉鎖された町でしたが、ソ連崩壊後は、閉鎖都市指定が解除され一般に開放されました。2012年9月にはルースキー島でロシアAPECが開催され、首脳会議の会場となった町です。
ロシア政府はAPEC開催に備える形で、ルースキー島連絡橋の建設やウラジオストク国際空港の改修を行うなど、大規模な開発が進められております

連絡橋

連絡橋

横浜正金銀行

ウラジオストックの学校の校庭に建てられた「与謝野晶子の碑
与謝野晶子の碑

第一時世界大戦のとき活躍した日赤の看護婦さん
看護婦さん

シベリア鉄道の起点「ウラジオストック駅」
ウラジオストック駅

シベリア鉄道の起点標識と客車です。ウラジオストックからモスクワまで9288キロ(5泊6日の列車の旅)です。起点と客車

続きを読む

スポンサーサイト

深大寺ほおずき祭り

暑い中、深大寺「ほおずき祭り」に出かけました。暑いせいか参詣者は少なく、ただ、甲高い外国語が聞こえていました。

170721深大寺01

170721深大寺03


170721深大寺04

ほおずきで作った「迎福門」です

170721深大寺05

170721深大寺06







河口湖旅行

学校の友人と“はとバス一日観光の旅”に出かけました。
新宿から中央道を経由して富士吉田市へ、川口湖畔でラベンダーを鑑賞。
紫色で織りなす絨毯畑に甘い香りが漂い花の世界を満喫しました。
富士山が顔を見せなかったのが残念でした。


170714河口湖02

170714河口湖05

1201770714河口湖02

ロープウェイでカチカチ山の山頂に到着
目の前に河口湖と富士吉田市の大パノラマが展開されました。依然として富士山は雲に囲まれていました。


170714河口湖28

170714河口湖25

御坂峠を越え、甲府市をよぎり「恵林寺」へ、快川紹喜和尚の名句「心頭を滅却すれば火もまた涼し」を刻んだ山門をくぐりお参りをしました。「枯山水」の庭園や「風林火山」の屏風も見事なものでした。

170714河口湖38

170714河口湖41

1201770714河口湖06

途中桃狩りとブドウ狩りに興じ新宿に戻りました。

170714河口湖46

1201770714河口湖07

入谷の朝顔市

7月6日から8日まで入谷の朝顔市が開かれました。30度を超す暑さの中、市を見てきました。
「団十郎」という名の朝顔が良く売れていました。


170707朝顔市01

170707朝顔市02

170707朝顔市03

170707朝顔市04

雨あがりの「高幡不動」

雨上がりの「高幡不動」に詣でてきました。

170630高幡不動01


170630高幡不動02

170630高幡不動26


170630高幡不動25


170630高幡不動22






ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます!!
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる